私のプロフィールはこちら

[40代看護師]夜勤はいつまでやれそう?つらくなる前に考えておくべきこと

夜勤の疲れがなかなか抜けないなあ…

 

夜勤は辛いなあ…

 

これからも夜勤ができるのかな?

年齢を重ねるごとに夜勤がつらくなりますよね。

40代、50代を過ぎると、一晩寝ても疲れが抜けにくくなってきます。

 

夜勤が体力的につらくなってきた今のうちに、考えておいたほうがいいことがあります。

 

今、40代のうちに考えておいた方がいいのは、

このままずっと夜勤ができるのか?

 

夜勤のない職場に移るなら今のうち

この2点です。

 

私も夜勤をやっていましたが、体がきつくなってきて転職しました。

その時の体験や知り合いの体験などを紹介したいと思います。

このままずっと夜勤ができる?

 

看護師という仕事は夜勤がつきものです。

夜勤は年々体への負担が大きくなっていきますよね。

 

なかなか疲れが抜けなくて、やっと疲れが抜けた頃次の夜勤がくる

そして、疲れて…

 

体力には個人差があるので、定年までなんとか夜勤をする人もいます。

運よく夜勤のない部署へ異動できる人もいます。

 

今、夜勤がつらいということはこれから歳を重ねるごとにもっとつらくなっていきます

これは間違いありません。

この先もずっと夜勤ができそうですか?

今がチャンス

転職するなら40代がギリギリ

あなたが40代なら、この先最低20年は仕事をしていくことになります。

その間、夜勤をしていくのが無理そうなら、今のうちに、少しでも若いうちに転職先を探しておいた方がいいです。

そのうち、そのうちと思っているとチャンスを失います。

 

少しでも条件のよい職場に転職するためには、余裕を持って早めに動いてたほうが安心です。

看護師の仕事は他の仕事と違って求人数は多く、仕事に困ることはありません。

それはありがたいことですね。

しかし、年齢を重ねていくと、自分の希望する職場がみつかる可能性が低くなります。

切羽つまる前に…

もう少し頑張ってからそのうちさがそう…

と思いながら月日が流れて50代になってしまうと、定年まで数年になります。

そうなるとあと数年だし、転職は面倒だな…と思いつらい夜勤をしながら定年まで我慢することになります。

 

切羽つまっていないと、なかなか腰が重いものです。

でも、ちょっと見てみるか…位な気持ちで探してみるのもいいと思います。

 

この先20年以上も看護師として働くのですから、夜勤がつらいと感じている今こそ、今後の働き方を真剣に考える時期です。

40代ならではの注意点

40代は体に変化が出てくる時期で、無理は禁物です。

それはなぜかと言うと、

体力が低下してくる時期

 

ホルモンバランスの乱れやすい時期

このような理由からです。

体力が低下してくる時期

若い人でも体質によっては夜勤に適さない人もいますが、若いころは体力があります。

夜勤明けの日にそのまま遊びにいける時もありますし、一晩寝れば疲れが抜けます。

若いころはある程度無理がききます。

 

あなたも夜勤入りや夜勤明けでも、家族の食事の支度をしたり、子どもの行事などに参加してきたのではありませんか?

 

今まで少しくらい無理が効いていたかもしれませんが、40代を過ぎると疲れがぬけずに疲労を感じることが増えてきます。

それは年齢とともに体力が低下してきているからです。

 

なんとなくいつも疲れていたり、体の不調を感じているのなら今のうちに将来を考えたい時期です。

 

今夜勤が体力的にきついのなら、この先例えば、50代になって元気にバリバリ夜勤をこなせるようにはなりません。

今がつらいなら年齢を重ねるごとにもっとつらくなっていきます。

 

今なんとか頑張っていてもこの先もずっと体への負担は続くんです。

ホルモンバランスの乱れやすい時期

40代になると女性は閉経が近づき更年期症状があらわれてきます。

ホルモンバランスが崩れ、睡眠障害が出てきたり・・・そういう年代なのです。

40代は無理ができない年齢になってきているのです。

 

夜勤の疲れがぬけないまま頑張って働いていると自律神経が乱れ、不眠やうつ、等の症状につながってしまう可能性があります。

無理は禁物です。

私の体験談

私の体験談を紹介します。

50代の先輩のお話

わたしが以前働いていた病院は2交代制でした。

その職場には50代の先輩がたくさんいました。

夜勤をバリバリ頑張っている人もいれば、体力や持病で、夜勤がつらそうな人もいました。

 

当時50代半ばの先輩の一人は夜勤がつらいといつもこぼしていました。

体力が落ちてきて持病もあり、見た目にも夜勤はかなりつらそうでした。

 

しかし、勤めていた病院は夜勤ができない看護師は契約社員の扱いになりました。

そうなると給料が下がります。

その先輩は給料が下がると困るので頑張って夜勤をしていました。

 

そして、「もう少し若い時に転職すればよかった」とよく話していました。

50代半ばだと定年まで数年ですし、転職をする気力はないようでした。

疲労で老け顔になった私

私の体験談です。

ある日、何気なく鏡をみたとき、自分の姿がとても老けて見えました。

その時、老けて見える自分の姿にとってもショックでした。

 

ふとしたときの自分の姿って見たことがありますか?

何気ないときの自分の姿は、いつも周りから見られている自分の姿なんですよ。

 

あ~周りにはくたびれたおばちゃんに見えているんだな」って思いました。

確かにおばちゃんですが、自分がこんなに疲れた老けた表情をしていることに驚いたのです。

「疲れは体の中だけでなく見た目にも影響する」ということを実感しました。

 

見た目が老けて見えるというのもありましたが、この時の私は体の疲労が半端なく夜勤のない職場への転職のことを真剣に考えました。

おわりに

今、夜勤に体力の不安を少しでも感じているのなら、40代のうちにこれからの20年を考えて早めに動くことをおすすめします。

看護師の仕事は夜勤のない職場がたくさんあります。

 

わたしは今夜勤のない職場で働いています。

夜勤がないので生活リズムが整い体調がよくなりました

今は転職してよかったと思っています。

 

看護師の仕事は夜勤がないところもたくさんあります。

どんな職場があるかちょっと調べてみるのもいいと思います。

 

切羽つまる前に調べてみると、意外と条件のいい職場が見つかるかもしれません。

心に余裕があるときは、焦らずじっくりと探すことができるので良い条件の職場を見つける可能性が高くなります。

今がチャンスかもしれません。