私のプロフィールはこちら

[ナースの夜勤]2交代と3交代の休憩事情とみんなが知りたい本当のこと

夜勤の休憩時間はどれくらい?

休憩時間はしっかりとれるの?

・2交代と3交代どっちが大変?

実際のところはどうなのかな?

 

こういった疑問に答えます。

ナースの夜勤って大変なイメージがありますよね。

休憩時間はどれくらいで本当に休めているのか…

 

これから夜勤のある病院へ就職しようとしている人は不安に思うこともあると思います。

 

実際にナースとして働いている私は、過去に夜勤をしていたことがあります。

その時の経験や友達のナースからの聞き取りでわかったリアルな休憩事情について紹介します。

休憩時間はどれくらい?

これは2交代か3交代かによって違います。

2交代と3交代では勤務時間が違うので休憩時間も違ってくるのです。

 

それぞれの勤務体系で説明していきますね。

勤務時間は病院によって多少違います。例として紹介しますね。

2交代

2交代の場合は以下の通り。

勤務時間 8:00~17:00

16:00~9:00

夜勤の休憩時間 2~3時間

2交代の場合、夜勤の勤務時間は約16時間になります。

勤務時間が長いので、夜勤の休憩時間は2~3時間になります。

3交代

3交代の場合は以下の通り。

勤務時間 8:00~16:45

16:00~24:45

24:00~8:45

夜勤の休憩時間 1時間

3交代の場合、日勤でも深夜も准夜も勤務時間は約8時間です。

休憩時間は1時間です。

休憩時間はしっかりとれるの?

この答えはNOです。

夜勤は日勤と違いナースの人数が最低限度です。人数に余裕がないのでとても忙しいです。

 

重症の患者さんがいたり、急変の患者さんがいると、休憩時間はありません

ご飯を食べる時間すらないときもあります。フル稼働で気がついたら朝ってこともありました。

 

もちろんいつもいつも忙しいわけではなくて、平和な夜もあります。

2交代と3交代どっちが大変?

看護師の夜勤には2交代と3交代がありますが、どっちが大変なのでしょうか?

 

私はこれまで精神科の病院と療養型病院での2交代での夜勤の経験があります。

3交代の経験はないので、3交代については友達から聞き取り調査をしてみました。

 

まずは2つの違いから説明します。

2交代

2交代の病院としては精神科や療養型病院が多いです。

 

2交代の夜勤は、看護師1名に介護福祉士2名という配置が多いです。

 

看護師は1人なので重症の人がいたり、状態が悪い患者さんがいれば休憩時間はなくなります。

看護師が自分だけなので、気になる患者さんがいれば休めないのが実情です

 

勤務時間が16時間と長いので、まったく休めない場合はかなりの疲労です。

 

夜勤明けを考えてみると、2交代の場合は次の日までゆっくり休むことができます。

看護師長によってシフトの組み方は違いますが、夜勤明けの次の日は休みにしてくれる場合もあります。

 

勤務時間は長いですが、夜勤のあと次の日勤まで時間がある程度あけることができます。

3交代

3交代の場合は看護師のみで夜勤をすることが多いです。

自分以外にも看護師がいるので3交代の夜勤よりも精神的な負担はやや少ないです。

しかし、3交代の病院は急性期などの病院が多く、重傷者が多い傾向にあります。

 

夜勤の看護師の数は少ないので、急変、重傷者が多いととても忙しく休むことができません

 

でも、3交代の勤務時間は約8時間なので、休憩をとれなかった場でも8時間したら帰れます。

2交代の16時間勤務で休憩がとれない場合よりは多少マシなのかもしれませんが、しかし、3交代ならではの大変さがあります。

 

それは3交代は日勤のあとの深夜だったり、准夜のあとの日勤だったりで、家に帰っても数時間でまた仕事に行かなくてはいけないことが当たり前です

日勤で帰っても数時間仮眠してすぐに出勤しなくてはなりません。

独身のうちはまだいいですが、結婚したり子どもがいる場合はかなりきつくなってきます。

大変さはその人の環境による

どっちが大変なのかはその人の環境によります。

子どもがいる場合、夫の仕事、援助してくれる人がいるか…等で違ってきます。

 

私は子どもがいて、体力的に丈夫な方でなかったので3交代は無理でした。

2交代なら勤務時間は長いですが、夜勤前に仮眠したり帰ってから次の日勤までゆっくりできます。

 

3交代は日勤が終わって帰り、子どもがいれば子どものことや食事の支度があるので、仮眠時間まではとれないこともあります。

勤務時間は2交代よりも短いものの、前後の体調を整えるための休みが思うように取れないこともあります。

 

でも祖父母が近くにいたり、夫が協力的であれば3交代の方が合っている人もいると思います。

実際の休憩事情

実際のところ休憩時間はあってないようなものです。

何もない平和な夜もあります。でも嵐のような夜もあります。

 

患者さんの状態一つで休憩時間は取れるか取れないか変わってきます

もし、休憩時間がなかったとしても残業手当はつきません。ほとんどが奉仕です。

 

看護の仕事は相手が患者さんなので、「休憩時間だから無理です」とは言えません。

重症の方がいればケアが必要です。

 

看護師は時に自分を後回しにして患者さんを看なくてはなりません。それが当たり前の世界で誰もそれに文句を言いません。

心の中ではしんどいと持っているとは思いますが…

 

命にかかわる責任のある仕事なので仕方ないのかもしれませんが、ナースも人間なので時にとってもしんどいときもあります。

本当は疲れていて休みたいけど休めない、というのが正確な表現だと思います。

ずっと夜勤は無理

夜勤は責任が重くやりがいもあるので、キャリアを積みたい人には勉強になります。

夜勤をすれば一回数万円の夜勤手当がつくのでお金にもなります。

若いうちは体力も気力もあるので、夜勤はそんなにつらいと思わない人もいるかもしれません。

 

でも歳をとると夜勤がつらくなってきます。

体内時計が狂い、自律神経が乱れてきて、体調を崩す人もいます。

 

私は42才ころに夜勤をやめました。正確には夜勤のある病院をやめて、転職しました。

 

世の中には夜勤をしている仕事の人はたくさんいて、誰かが夜勤をしなくてはいけません。

でも自分の体も大事です。

 

夜勤をいつまでやろうか?

 

その先の働き方についても若いうちに考えておいた方がいいと思います。